top_09-2

若手社員インタビュー

志望理由

土木関係の仕事をしている父の姿に憧れ、高校では都市システム科に進学し、大学では工学部建築・建設学科を専攻しました。大学3年生のインターンシップで実際に土木の現場に入り、建設業にさらに魅力を感じるようになりました。
三島産業との出会いは、就職企業説明会です。採用担当者の吉岡さんから、人間味溢れる温かい会社だと聞き、施工実績も素晴らしいと感じ、この会社で働きたいと思いました。

実際に入社してみて

就職企業説明会で聞いたとおり、先輩方はとても優しく、相談にも乗ってくれる温かみのある会社です。自分はとても恵まれた環境で働いていると実感しています。
今は、道路改良工事の現場で、工事を着手する前に建物の正確な位置を出す丁張の作業や、現場の写真撮影や写真の整理、測量などを任されています。
何をするにも初めてで、戸惑うことばかりですが、先輩方に助言してもらいながら、様々な経験を積ませてもらっています。数々の現場を経験している先輩方の助言は的確で、自然と先輩の期待に応えたい気持ちが湧いてきます。
今年の目標は土木施工管理技士2級を取得し、任される仕事の幅を増やすことです。
そして、いずれは土木施工管理技士1級を取得し、どんな現場でも安心して任せてもらえる人になりたいと思います。

新卒者へのメッセージ

働く上で大切なことは、「前向きな気持ちと向上心」です。この仕事は、頭で覚えることも、体で覚えることも山ほどあります。自分の可能性を広げ、目標を達成したいなら、吸収しようという気持ちが大切です。
そして、他の皆さんも言われていますが、「コミュニケーション能力」はとても大切です。
社会人になると、学生時代の人間関係からその範囲はぐっと広がり、多くの業者の方、様々な年齢の方と話をしていかなくてはなりません。そのためにも、気配りを持って、相手の気持ちを察する心構えを今から学んでほしいと思います。



志望理由

小学校の将来の夢を考える授業で「自分は何が好きだろう?」と考えたことがきっかけです。幼い頃からものづくりが好きで「将来はカタチに残るものを創りたい」と思い、建築士を目指すようになりました。
三島産業との出会いは就職ガイダンスです。採用担当者と気さくに話をすることができ、温かい会社だな、という印象を受けました。また実績から安定・安心感も得られ、三島産業で頑張りたいと志望しました。

実際に入社してみて

「建設業」は、強面の男性が多く、ミスをすればとんでもない言葉が飛んでくる世界では…と少し不安でした(笑)でも、三島産業に入社してみて、先輩に質問しやすく、丁寧に教えてくれる良い環境が整っていると感じました。また、「女性だから」という壁も特に無いように感じます。
現在は、レベルやトランシットで測量したり、図面を起こしたりする仕事を任されています。仕事をする上で心掛けていることは、耳にしたことがない法や部材、用語があれば、後から思い出しやすいようメモに残すことです。
また、今年度は2級建築士資格取得に取り組みました。建築基準法・施工令などに触れる機会をもらい、勉強できる環境を整えてくれた周りのサポートもあり、無事合格することができました。
やりがいを感じるのは、自分が測量に関わったり、図面をかいたりしたものが実際に造られた時や、自分がかいた図面が採用された時ですね。

新卒者へのメッセージ

「何年後どうなりたいか人生設計を立て、常に勉強する気持ちでいる」ことが大切だと思います。建築士は受験資格に実務が必要ですが、その間、ただ作業をこなすだけだと、学ぶべきことを見落としてしまいます。一つ一つ気付き、拾い上げ、自分のものにしていくことが夢への近道になるのではないでしょうか。
そして、今ぜひ身につけてほしいことは「端的に話す力」です。ダラダラと言葉を並べただけでは、相手に真意が伝わりません。何を聞きたいのか、不明点はどこか、自分はどう考え、どうしたいのか、話の内容を明確に要約できれば、仕事やコミュニケーション等、あらゆる面で役立ちます。

建設業とは

綜合建設業はそれぞれのプロの集まりです。厳しい状況の中で可能性を引き出す先輩方の姿勢を見て、「私もこうなりたい」と思うことが増えました。まだまだ分からないことが多く、悔しい思いもしますが、その悔しさをバネにし、学んだことを糧にしていこうと前向きに取り組んでいます。



志望理由

大学の建築学科に在籍していたとき、先生に「建築は、実際に見てみないとイメージが湧かないだろう。」と言われたことがきっかけで、この目で現場を見てみたいと思うようになりました。地元から通える範囲で探していたところ、先生の紹介で三島産業を知りました。地元で大きい仕事をしていると聞き、自分も携わりたいと思い、志望しました。

実際に入社してみて

現在、建築の施工管理、各工種の工程写真管理をしています。建築は様々な工種に分かれ、その工種ごとに写真を整理し、まとめていきます。現場が大きくなれば、当然写真も増えるので、整理が大変です。
「この仕事をしていてよかった」と感じるときは、建物廻りの足場が解体され、建物の外壁が姿を現した時です。「この工事に関わってたんだ。」としみじみと感動します。そして、工事中の様々な苦労も一気に洗い流されるような、清々しい気持ちになります。

新卒者へのメッセージ

「わからない時は先輩に聞くこと」。自分勝手な判断で動いてしまうと、結果的にやり直しになったり、職人さんの仕事を止めてしまうことになりかねません。「迷ったら尋ね、頭に叩き込み、迅速に動く」の繰り返しが、知識と経験の積み重ねへと繋がっていくのだと感じています。

同じ建物を建てることはなく、現場の状況によって工種・工程・工法も変わり、学校で勉強した通りにいくとは限りません。経験豊富な先輩に質問することがとても大事です。そのためには勉強はもちろん、コミュニケーション能力を身につけておく必要があります。今の時間を無駄にしないよう、頑張ってください。